自律神経失調症を知ろう│崩れたバランスを取り戻せ

先生

まずは理解する

男性

自律神経失調症は、治療に時間がかかると言われている身近な病気です。そのためストレスを発散したり食事を意識したり、あるいは健康食品を補ったりしながら改善していくことが求められています。

詳しくはコチラ

症状と向き合う

相談

自律神経失調症の治療法で人気なのは、自律訓練法になります。なぜ人気かと言うと、特別な器具がいりませんし、どこでも行えるからです。また、筋弛緩法と言う治療法もあります。

詳しくはコチラ

予防を行う

日常生活に支障をきたす自律神経失調の改善策が載っています。気になる方はクリニックで相談しましょう。

悪性リンパ腫は体に負担が大きい治療が数多くあります。こちらのクリニックなら負担が少ない治療を行なっています。

先生

自律神経失調症とは交感神経と副交感神経のバランスが崩れた時に起こる症状です。最近よく取り上げられるうつ病とはこの自律神経のバランスが崩れることによっておこる体の不調や元気がない状態をいいます。自律神経失調症を引き起こす原因としては夜更かしなどの不規則な生活や人間関係や環境の変化によるストレスにより眠れなかったり疲れが取れないことによることなどがあります。会社での仕事のプレッシャーや人間関係によって長期休職する人が多いのはこの病気によるもので、最近では特に多い傾向があります。仕事上どうしてもこれらのストレスを避けることができないため、ストレスと感じないように考えたり自分の趣味やお風呂に長時間入ってリフレッシュすることが必要となります。

自律神経失調症となる人は何度もなる傾向があります。まずは休み明けの接し方が大事です。長期間休養していて出社してきても他人からどのように見られているのかがまず気になるものです。周りの人は休養前と同じように接して、時折気遣いの言葉をかけてあげる必要があります。また仕事はプレッシャーやストレスの感じない納期のない書類整理などを与えてあげることが大事です。徐々に会社に出てくることに慣らしてあげることが重要です。くれぐれもがんばれといったプレッシャーのかかる言葉をかけてはいけません。がんばろうとしてがんばりきれずにダウンしてしまったため、そのような言葉は逆効果となりますし、再び自律神経失調症を発症する原因となってしまいます。

身近な病気

女性

自律神経失調症と言う病気は、一般の方にも広く知られるようになりました。医師の元で治療をすることがメインになりますが、他にも様々な方法があるので、自分の症状の状態に応じて行なっていきましょう。

詳しくはコチラ